製品紹介 資料請求 会社概要 お問合せ 鉛フリーについて




商号 株式会社大和製作所
設立 1936年11月23日
所在地 本社       東京都大田区中馬込1−9−22
工場・営業所  埼玉県草加市旭町3−1−9
代表取締役社長 澤田  豊
授権資本金 60000千円
従業員数 75人  (2000年08月01日現在)
主な事業内容 産業機械
   変速機
   ポンプ
   搬送装置
   工作機械用A.T.C装置
半導体製造装置
   半導体・電子部品用加熱装置
   プリント基板・BGA対応N2リフロー炉
   ウェーハ用N2ウェットバック装置
   LCDガラス基板対応シール乾燥装置




代表挨拶

顧客に対し誠実である事、絶えず技術を研鑚する事、
個人個人が融和し一つの製品や事業を成し遂げる事、
「誠実」「研鑚」「融和」を社是に掲げております。
この理念に基づき、創造力、実行力、技術力に富んだ
多くの人材が集う、会社システム及び職場環境づくりに
力を注いでおります。
技術進歩が迅速でかつグローバル化している市場の中、
日々成長して行く努力を惜しまず、顧客の提案を尊重し、
社員の能力を最大限に生かし、優れた製品開発を継続してゆく事で、社会に貢献出来る会社づくりを目指しております。
代表取締役社長 澤田 豊





沿革

●1936年11月・・・ 東京都大田区馬込で澤田四朗吉がエンジン部品の製作を開始
●1943年10月・・・ 海軍省の監督工場に指定され水揚ポンプの製造に着手
●1946年01月・・・ 合資会社大和製作所に改組、歯車部品、歯車減速機の製造に着手
●1954年12月・・・ 株式会社大和製作所に改組
●1960年07月・・・ 生産合理化5ヶ年計画として、埼玉県草加市に件の工業誘致の指定を受け草加工場を建設
●1962年12月・・・ 高精度の機械を新設し、生産設備の合理化と経営管理の合理化を図る
●1964年05月・・・ 草加工場を増築、東京工場の減速機製造部門を移設し製造部門の統合により効率化を促進
●1966年07月・・・ 産業機械の生産増大に伴い、製缶工場を新設する
●1968年08月・・・ 生産合理化と量産体制の一層の充実を図り、特殊大型機械、自動機械等の増設を行う
●1971年04月・・・ 高等職業訓練校開校
●1974年11月・・・ 澤田良夫社長就任
●1975年08月・・・ 大型コンピューター導入
●1979年04月・・・ 生産増大、大形化に伴い特殊大形機械を導入
●1981年09月・・・ 生産増大、大型化に伴い特殊大型機械の導入・組立工場の増設を行う
●1983年・・・・・・・ 新分野開発、熱流制御性熱伝達装置(ヒートバブル)並びに中・低温用蓄熱材の特許を取得。
●1984年・・・・・・・ 蓄熱工場を新設。製品として乾燥室の温度制御装置、排熱回収装置を手がける。
●1987年・・・・・・・ 半田リフロー装置その他SMT関連装置の開発に着手。
●1988年・・・・・・・ スクリーン印刷機、窒素ソルダーリフロー装置の製造販売を開始。
●1989年・・・・・・・ 高精度、高品質の加工精度に応える為、マシニングセンター等の
最新鋭機械の導入を順次行ない、NC化を進める。
●1990年・・・・・・・ CAD、パソコンの導入により、設計及び事務の効率化を図る。
●1991年・・・・・・・ インターネプコンジャパン(晴海)に自社窒素リフロー装置を出展する。
●1992年・・・・・・・ 液晶基板乾燥炉及びウェーハ用リフロー装置の製造販売開始。
●1994年・・・・・・・ 電子デバイスメーカーに高温半田対応小型窒素リフロー装置(NRY-315)の販売開始。
●1995年・・・・・・・ フィリピンにリフロー装置の輸出販売を行なう。
窒素リフロー装置のOEM製作を始める。
BGA/CSPのボールリフロー装置の開発。
●1996年・・・・・・・ 韓国にエアーリフロー装置の輸出販売を開始。
●1997年・・・・・・・ インテリジェントN2ソルダーリフロー装置の製造開始。
●1998年・・・・・・・ 台湾、中国にリフロー装置の輸出販売を行なう。セミコンジャパンに出展。
●1999年・・・・・・・ 鉛フリー半田対応リフロー装置(NRY-530-6Z)の開発。
●2000年・・・・・・・ マレーシアに輸出販売を行なう。
8インチウェーハ対応のバンプリフロー装置(NRY-101V6W/LU)を製作。
鉛フリー半田対応小型リフロー装置(NRY-520S-5Z)の開発。
●2001年04月・・・ リフロー装置出荷台数300台達成。





Copyright(C) 2000 YAMATO WORKS Corporation, All right reserved.